「飾り」のない世界は味気ない

 Brand Concept 

「飾り」のない世界は味気ない​

思いを寄せている人と初めてのデートの日、かっこいい時計やアクセサリーを身に着けると、緊張が自信に変わり気持ちが前を向きます。

楽しみな約束がある日、いつもより丁寧に化粧をし髪型がうまくきまると、ますます胸が躍ります。

誕生日のお祝いやクリスマスパーティー、部屋の飾りつけをしていると、どんどん心が弾んできます。

自分を「飾る」、空間を「飾る」

どちらの「飾る」にも自信を生みだすエネルギーや気分をわくわくさせる力があります。

「飾る」ことの先にはいつも楽しさや前向きな未来があるのです。

私達が京都で約50年間作り続けてきた錺金具は、仏壇や神社仏閣を「飾る」金具です。

錺之-KAZARINO-は錺金具の「飾る」という力で人を幸せにしたいという思いから、錺金具の技術を使って普段の暮らしの中で楽しめるものを作っているブランドです。

高級感あふれる金属の艶に錺金具ならではの「飾り」を施した錺之-KAZARINO-のものづくりが目指すのは、

目で楽しんでいただくこと、

使って親しんでいただくこと、

そして「飾り」の持つ力、気持ちを高めたり自信を生み出したりする力をあなたに届けることです。

あなたの心が上を向き、自然と笑顔になることを信じて。

「飾り」のある世界、笑顔あふれる幸せな世界はきっと楽しい。

 About 

​錺金具(飾り金具)とは

お寺や神社、仏壇仏具、神輿や刀装具などを飾るための金具です。

繊細かつ煌びやかな装飾(彫刻など)が特徴です。

その歴史は古く、日本最古の木造建築物である飛鳥時代の法隆寺金堂にも用いられています。

錺金具の役割は、高い装飾性により取り付けられた建造物の美しさを引き立てること、また建造物の補強や保護の機能も果たしています。

主な素材は銅板や真鍮板で、切る、たたく、曲げる、彫る、などして成形し、鍍金(メッキ)をして仕上げます。

錺之のものづくり

手仕事×機械仕事

「錺之-KAZARINO-」は、京都で50年かけて培った伝統的な手彫り金具の技術に機械の生産性をかけ合わせたものづくりをしています。

手仕事が生み出す風合いを大事にしながら現代の技術も取り入れることで、温かみを感じる上質な品をあなたにお届けします。

錺之(かざりの)の名前にこめた思い

伝統的な錺金具ですが、その分使い道は限られてきました。

そこで、

錺金具の伝統を引き継ぎながらも新しい道を切り開きたい。

錺金具の持つ可能性を広げていきたい。

錺金具の「飾り」の力で人を幸せにしたい。

錺之という名前にはそんな思いを込めています。

「之」の漢字の持つ「真っ直ぐに進む、行く、至る」という意味に、「錺金具で人を幸せにする夢に向かって真っ直ぐに進む」「錺金具の新しい道を切り開いて行く」という決意を込めています。

また、「の」という読みから「錺金具"の"技術を使った新しいものづくり」ということがわかりやすいことも、この字を選んだ理由の1つです。

 Topics 

2020.08.28(金)

「COLE」に掲載されました

工芸と食のWEBメディア「COLE」で錺之マネークリップが紹介されました。

https://cole.ne.jp/news/column/kazarino/

2020.05.31(日)

商品販売開始について

 錺之オーバルボックスと錺之マネークリップの販売を6月1日(月)より開始いたします。Online shopよりご購入いただけます。ぜひご利用ください。

2020.03.14(土)

Modern Life. Modern Crafts.

みやこめっせ地下1階の京都伝統産業ミュージアム内のMOCADギャラリー「Modern Life. Modern Crafts.」にてオーバルボックスとマネークリップを展示していただいております。