​Column

国産のマネークリップをお求めなら!シンプルなクリップは海外でも人気

ホーム ≫ コラム一覧 ≫ 国産のマネークリップをお求めなら!シンプルなクリップは海外でも人気

マネークリップで国産のものはあまり見かけません。それは、日本では長財布や二つ折りの財布が主流であり、マネークリップが一般的ではないからです。反対に、海外ではマネークリップの使用が一般的です。

ここでは、国によって異なるマネークリップの認識についてと、海外の男性がマネークリップを使う理由について紹介していきます。

マネークリップの国による認識の違い

国産のマネークリップが少ないのは、日本の文化と海外の文化の違い、さらに1枚あたりの紙幣価値に大きな差があるからです。

まず文化の違いですが、海外では「チップ」という文化があります。何かしらのサービスを受けた際に、サービスを提供してくれた従業員に対してある程度の現金を支払う文化です。

お札を持つ手

日本でも旅館などで仲居さんに「心付け」といって現金を渡すことがありますが、海外のチップと比べると頻度がまったく異なります。チップを渡すシチュエーションが海外では多いため、紙幣を簡単に取り出せるマネークリップはメジャーな存在なのです。

次に紙幣価値の違いですが、日本での一番安い紙幣は千円札ですが、アメリカの場合は1ドル(100円前後)から紙幣があります。そのため、海外ではマネークリップが小銭入れ感覚で使われているのです。

 

錺之-KAZARINO-では、国産のマネークリップを販売しています。

シンプルなシルエットながらも、高級感あふれる金属の艶に錺金具ならではの「飾り」を施したマネークリップです。日本らしさを感じる文様があしらわれ、タフなクリップ部はしっかりとお札をホールドしてくれます。

マネークリップを使いたいという方は、ぜひ錺之-KAZARINO-の商品をお試しください。

 

マネークリップの詳細はこちら

海外ではマネークリップが一般的?使用されている理由とは

マネークリップは日本ではあまり一般的ではありませんが、海外では広く使われています。特に、海外の男性の中ではマネークリップが主流です。


海外でマネークリップが使われているのには、いくつか理由があります。
まず、「長財布より二つ折り財布」が選ばれていることが挙げられるでしょう。海外ではポケットからはみ出してしまう長財布よりも、完全にポケットに収められる二つ折り財布の方が好まれます。

1-2.jpg

二つ折り財布とクリップ部のみのシンプルな構造であるマネークリップは作りが似ているので、人気があると考えられます。

また、海外ではクレジットカードを始めとするキャッシュレス決済が主流となっていて、財布を持たない方が多いというのも理由の一つです。たいていの支払いはカードで行えますが、チップだけは現金で支払う必要があります。チップのためだけに財布を持つのは合理的ではないので、カード+マネークリップの組み合わせが多いのです。

マネークリップを使ってみたいという方は、錺之-KAZARINO-でお買い求めください。錺之-KAZARINO-では京都で製造した国産のマネークリップを販売しています。


マネークリップはシンプルなデザインが一般的ですが、錺之-KAZARINO-の商品は特別な技術を結集させた個性的なデザインが特徴です。クリップがゆるみにくく、お札が挟みやすいため機能性も抜群です。

国産のマネークリップを販売!シンプルながらも個性的なデザイン・挟みやすいクリップ

文化の違いなどで海外では一般的に使われているマネークリップも、日本ではまだまだ馴染みが薄いです。そのため、マネークリップをおしゃれに使いこなすことができれば、他の方と差をつけることができます。

どのようなマネークリップを買おうか迷っている方におすすめしたいのが、錺之-KAZARINO-の国産マネークリップです。一般的なシンプルなマネークリップとは異なり、日本の伝統的な柄をあしらった個性的なデザインが特徴です。幅広い形とクリップ部の曲線で、ゆるみにくい機能性を実現しています。


ぜひ一度手にとって、その美しさと使いやすさを確かめてみてください。

国産のマネークリップなら錺之-KAZARINO-でお求めを

<サイト名>:錺之 -KAZARINO- KYOTO JAPAN

<代表者>:竹内直希

<運営統括責任者>:竹内直希

<創業>:1967年(昭和42年)

<住所>:〒612-8418 京都府京都市伏見区竹田向代町93番地

<電話番号>:075-681-0676

<メールアドレス>:contact@kazarino.com

<URL>:https://www.kazarino.com/

<事業内容>:錺金具・仏具等製造 / 修理

錺金具を日常生活で楽しむプロダクトづくり